2017/09/25 19:20

二宮和也、綾野剛との仲良しエピソード明かす

二宮を「ニノ」と呼び、仲の良さがうかがえる綾野剛
二宮を「ニノ」と呼び、仲の良さがうかがえる綾野剛

 嵐・二宮和也と綾野剛が25日、都内で行われた映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』の完成報告会見に西島秀俊、宮崎あおい、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、滝田洋二郎監督と出席。劇中で親友同士を演じる二人は会見でも互いに「ニノ」「剛ちゃん」と呼び合う仲で、質疑応答中に二宮がかしこまって「綾野さん」と呼び直すと、綾野が「いいんじゃない」とツッコミを入れて微笑ましい笑いに包まれた。

 本作は『おくりびと』などの滝田洋二郎監督がメガホンを取った感動作。1930年代と2000年代の二つの時代を舞台に、天才料理人の佐々木充(二宮)が、戦時下の混乱の中で消失した伝説のレシピの再現に挑むさまを描く。

 2000年代のパートで一度食べた味を完全再現できる絶対味覚=“麒麟の舌”を持つ料理人・佐々木を演じた二宮は、撮影中のエピソードを聞かれると「剛ちゃんと一緒の……、いや、綾野さんと一緒の」と言い直し、綾野から「(剛ちゃんで)いいんじゃない」とツッコミを入れられる一幕も。その後、綾野との共演シーンについて「観てくださる皆さんが肩の力を抜ける場所にしたいと思っていたので、普段に近い感じでやらせていただけたのはありがたかったです。普段から飲んだり違う作品やバラエティーでのいろいろな面を知っていますので、それが生かせたシーンだったんじゃないかなと思います」と自然体で演じた様子を振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >