2017/09/24 12:46

吉高由里子、映像の自分を見られないほど悩んだ過去

唯一無二の雰囲気を持つ女優、吉高由里子 写真:高野広美
唯一無二の雰囲気を持つ女優、吉高由里子 写真:高野広美

 沼田まほかるのミステリー小説を映画化した『ユリゴコロ』(全国公開中)で共演を果たした吉高由里子と松山ケンイチが、これまで俳優という仕事とどう向き合ってきたのかを語り合い、映画出演が『真夏の方程式』(2013)以来およそ4年ぶりとなる吉高が、「映像の自分を見られないほど悩んだ過去があった」と率直に明かした。

 空白期間について吉高は、「働かないで海外に行ったりして過ごしていました。その間に舞台に出て、また1年くらい休んで」と打ち明け、「最初は仕事をしばらく休むつもりだったんです」と発言。「自分のお芝居があまり好きになれずに、映像の自分を見るのも少し辛く思うようになってしまったんです。でも、事務所が長期でリフレッシュする時間をくれて、『興味が出たらまたやればいい』と言ってくれまして。本当にありがたいです」とほほ笑む。しかし、いったん役に入ると「ものすごく考えてしまう」生真面目な性格らしく、自分を追い込みすぎた結果として充電が必要となってしまったようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >