2017/10/01 17:50

ブリュッセルの「アトミウム」でルネ・マグリット展開催中

9月21日、ブリュッセルにあるモニュメント「アトミウム」(写真)で、画家ルネ・マグリットの作品の展示が始まった (2017年 ロイター/Francois Lenoir)
9月21日、ブリュッセルにあるモニュメント「アトミウム」(写真)で、画家ルネ・マグリットの作品の展示が始まった (2017年 ロイター/Francois Lenoir)

 [ブリュッセル 21日 ロイター] - ベルギー首都ブリュッセルのシンボルとされるモニュメント「アトミウム」で9月21日、同国出身のシュルレアリスムの画家、ルネ・マグリットの作品の展示が始まった。

 展覧会は1年間にわたり開催される予定。今年はマグリットの死去から50年となる。一方、アトミウムは来年、建設から60年を迎える。

 マグリットは、山高帽をかぶった男性の顔がリンゴで隠されている作品「人の子」などで知られる。1967年に亡くなるまで、人生の大半をブリュッセルで過ごした。

 アトミウムは1958年のブリュッセル万博のために建てられた。

【関連情報】
スター・ウォーズ×アート!『最後のジェダイ』公開記念展示イベントが開催
オードリー・ヘプバーンの写真展が開催!永遠の妖精の魅力に迫る
ジャスティス・リーグが鳥取に!150トン級の砂像、制作決定
刀ステ、あんステなど2.5次元舞台の魅力に迫る!展覧会が開催
新海監督、神木隆之介の作品解説にウキウキ!「新海誠展」が東京で開催
山田孝之、主人公の吹き替えに!ゴッホ死の謎に迫る動く油絵映画で

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >