2017/09/27 16:15

『ブレードランナー』はアニメ界も変えた 渡辺信一郎&荒牧伸志が熱弁

「ブレードランナー ブラックアウト 2022」のコンセプトアート
「ブレードランナー ブラックアウト 2022」のコンセプトアート

 アニメ「カウボーイビバップ」などの渡辺信一郎監督が手がけた短編アニメーション「ブレードランナー ブラックアウト 2022」世界最速上映イベントが26日、スペースFS汐留にて行われ、渡辺監督とスピナー(飛行車)のデザインを担当した荒牧伸志監督が出席した。この日は「ブラックアウト 2022」に加え、同作のコンセプトアートも公開された。

 本作は、映画史に燦然と輝くSF映画『ブレードランナー』(1982)と、35年ぶりの続編となる『ブレードランナー 2049』の空白を埋める物語。『ブレードランナー』で描かれた2019年から3年後の世界、アメリカ西海岸で起こった謎の大規模停電によって、レプリカントたちの登録情報が消えてしまったことによって起こる騒動を描く。

 渡辺監督は、『2049』の制作スタジオであるアルコン・エンターテインメントから短編アニメーション制作のオファーを受けたことに「すごく『ブレードランナー』に影響を受けた人間なので、やりたい気持ちが半分、ハードルが高いのでやりたくない気持ちが半分でした」と胸のうちを明かすも「続編のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のプレッシャーを考えたら、たかだか15分のアニメーションで、ハードルが高いとかプレッシャーなんて言ってられないですよね」と発言し、会場を笑わせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >