----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/26 13:33

アニメ版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』監督、映画祭で複雑な心境を明かす

第65回サンセバスチャン国際映画祭にて、武内宣之監督(右)と川村元気プロデューサー
第65回サンセバスチャン国際映画祭にて、武内宣之監督(右)と川村元気プロデューサー

 長編アニメーション化された『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が現地時間24日、スペインで開催中の第65回サンセバスチャン国際映画祭で招待上映され、武内宣之監督と川村元気プロデューサーが記者会見を行った。現在公開中の同作は賛否両論を巻き起こしており、その観客の反応について武内監督と川村プロデューサーが心境を明かす一幕もあった。

 同作は、岩井俊二監督が1993年にフジテレビ系ドラマ「if もしも」シリーズで発表した中学生の淡い恋模様を、現代の要素を取り込みながら再構築したもの。“ロトスコープ”を用いてドラマの主人公たちの動きを忠実にアニメで再現するなど原作へのオマージュを高く評価する一方で、通称“もしも玉”を使って、主人公・島田典道の願望が何度も繰り返される物語の分かりづらさやラストの解釈を巡って賛否両論が巻き起こっている。

 地元の記者から日本での評価を問われた武内監督は「ネットで見ればすぐに分かるのですが、すごく良いと悪いが真っ二つに分かれている状態です。すごく分かりやすいハッピーエンドの話ではないので最初からどう受け止められるか不安だったのですが……。もちろん僕の至らなさもありますけど、ヘンに重要な評価を受けるよりは、うまく言えないんですけどホッとしているというか、嬉しい気分です」と複雑な胸の内を明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >