2017/10/01 15:27

車輪のすき間にコアラはまる 16キロ走行後に救出

9月16日、オーストラリア南部のアデレード近郊で、駐車中の四輪駆動車の車輪のすき間に雌のコアラが入り込んでしまい、車軸につかまって16キロ走行した後、救出される出来事があった。提供写真 (2017年 ロイター/Jane Brister)
9月16日、オーストラリア南部のアデレード近郊で、駐車中の四輪駆動車の車輪のすき間に雌のコアラが入り込んでしまい、車軸につかまって16キロ走行した後、救出される出来事があった。提供写真 (2017年 ロイター/Jane Brister)

 [シドニー 16日 ロイター] - オーストラリア南部のアデレード近郊で、駐車中の四輪駆動車の車輪のすき間に雌のコアラが入り込んでしまい、車軸につかまって16キロ走行した後、救出される出来事があった。

 運転手が車を止めたところ、コアラの鳴き声が聞こえたため気付いたという。野生動物保護の担当者による救出を支援するため、最終的に消防部隊が出動して車輪をはずす騒ぎとなった。

 救出にあたった担当者は9月16日、ロイターとの電話インタビューで「(コアラの)毛が燃えた臭いがした。熱かったと思う」と語った。

 さらに、このコアラ自身に怪我はなかったものの、授乳期中の母親であることが分かり(袋の中にいるはずの)幼獣が見当たらないと説明。「その晩と翌日、翌々日に探したが、見つからなかった」と述べた。

 同担当者は数日間コアラを飼育した後、自然界に返したという。

【関連情報】
【写真】映画『SING』の自分の体を使って洗車するコアラ
カンバーバッチの声、雌ゴリラもメロメロに
ついにRT30万超えに…「けものフレンズ」たつき監督降板騒動を整理する
ハッハー!ピーターラビットがパーティー野郎に…新作映画にファン困惑
『スター・ウォーズ』史上最もカワイイ?『最後のジェダイ』いたずらっ子な新キャラの秘密
覚えてる?『猿の惑星』シーザー誕生から人類に牙をむくまでの振り返り映像!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >