2017/09/27 21:31

ついにRT30万超えに…「けものフレンズ」たつき監督降板騒動を整理する

画像は「けものフレンズ」公式サイトのスクリーンショット
画像は「けものフレンズ」公式サイトのスクリーンショット

 「たーのしー!」「きみは○○なフレンズなんだね」といった“フレンズ語”で社会現象を起こすほど爆発的な人気を誇ったアニメ「けものフレンズ」の立役者の一人である、たつき監督が25日にTwitterに放った衝撃的な告白。「突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました」という彼のツイートは、27日現在リツイート数30万件を超えるほどの注目を浴びている。今も数々のメディアがこの騒動の去就を取り上げているが、一体何が起こっているのかあらためて状況を整理してみる。(編集部・井本早紀)

まずアニメ「けものフレンズ」人気を振り返る

 まずテレビアニメ「けものフレンズ」とは、今年1月~3月にテレビ東京で放送されたアニメである。だが、現在ほどアニメの放送当初からアニメファンの間で大人気……というわけではなかった。もともとアニメは、コンセプトデザインを手掛けている吉崎観音とKADOKAWA コミックス編集部編集長・梶井斉が立ち上げた「けものフレンズプロジェクト」のメディアミックス企画の一つとして作られたもの。だがその前に2015年配信されたアプリ版はアニメ放送開始前にサービスを終了しており、アニメ人気の後ろ盾がしっかり存在していたということではない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >