----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/30 10:10

恐ろしすぎる人種差別ホラー…つくりあげたのは人気コメディアンだった!

何かおかしい…主人公が目にするものとは?(写真は『ゲット・アウト』より) (C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved
何かおかしい…主人公が目にするものとは?(写真は『ゲット・アウト』より) (C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

 低予算ながらも全米初登場1位の大ヒットを記録し、全米最大の映画レビューサイト Rotten Tomatoes では99%(29日時点)の高評価を獲得した、異色スリラー『ゲット・アウト』で映画監督デビューを果たしたジョーダン・ピールとは?

 『パラノーマル・アクティビティ』『インシディアス』『ヴィジット』などで知られるホラー界のヒットメイカー、ジェイソン・ブラムが製作を務めた本作。アフリカ系アメリカ人の青年クリスが、ある週末に白人の恋人ローズの実家へと招かれ、そこで想像を絶する恐怖を体験するさまを描き出す、“人種差別”がテーマの異色ホラーだ。

 そんな本作で監督・脚本を担当し、じわじわ来る恐怖とあっと驚く結末で、これまでにないオリジナリティーを炸裂させたのが、コメディアンのジョーダン・ピールだ。1979年ニューヨーク生まれのジョーダンは、コメディー番組「マッド TV!」にて5シーズン連続でレギュラーを務め、番組内で製作した音楽ビデオ「Sad 50 Cent」で2008年プライムタイム・エミー賞にノミネート。相棒のキーガン=マイケル・キーとコンビを組んだコメディー番組「キー・アンド・ピール(原題) / Key & Peele」で人気が爆発し、2013年に“放送界のピューリッツァー賞”とも呼ばれるピーボディ賞、2014年にアメリカン・コメディ・アワードなどを受賞。最近では、キアヌ・リーヴスが猫の声で出演したコメディー映画『キアヌ』(日本劇場未公開)でキーガン=マイケルと共に出演し、製作・脚本も手掛けた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >