2017/09/30 09:45

元パンクロッカー禅僧が自殺防止活動に注力する姿を追ったドキュメンタリー

自殺防止活動に注力する禅僧の姿を追ったラナ・ウィルソン監督
自殺防止活動に注力する禅僧の姿を追ったラナ・ウィルソン監督

 自殺防止活動に注力する禅僧を描いた話題のドキュメンタリー映画『ザ・ディパーチャー(原題) / The Departure』について、アメリカ人監督ラナ・ウィルソンが9月27日(現地時間)、PR会社スーザン・ノーゲットのオフィスでインタビューに応じた。

 元パンクロッカーの臨済宗住職、根本一徹さんは、現在は岐阜県関市の大禅寺を拠点に、自殺防止の相談を受け、日々深刻な問題を抱える自殺願望者たちに全身全霊で語りかけている。アメリカ人であるウィルソン監督が、臨済宗の住職、根本さんを知った経緯は「ニューヨーカー誌で根本一徹さんについて書かれた記事を読んだの。読んですぐに、彼の行っていることに興味を持って、もっと彼のことが知りたいと思ったわ。特に、彼に助けを求めてきた人たちに対して、彼はどのような言葉をかけたのかが気になり、その場に居たいとも思ったのよ。そこで、大禅寺のことを知り、死に対して真剣に向き合う機会を観客に提供できるのではないかと思ったのが製作のきっかけだったわ」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >