2017/09/29 06:00

志田未来、耳の不自由な妊婦に 「14才の母」の経験をバネに

「コウノドリ」で耳の不自由な妊婦を演じる志田未来 (C)TBS
「コウノドリ」で耳の不自由な妊婦を演じる志田未来 (C)TBS

 女優の志田未来が、10月13日よりスタートするテレビドラマ「コウノドリ」(TBS系・毎週金曜夜10時~)の第1話ゲストとして出演し、耳の不自由な妊婦という難役に挑むことが明らかになった。2006年に放送された連続ドラマ初主演作「14才の母 ~愛するために 生まれてきた~」(日本テレビ/よみうりテレビ)や、昨年放送されたドラマ「はじめまして、愛しています。」(テレビ朝日/朝日放送)で10代の母を演じて注目を浴びた志田だが、「(10年前は)おなかに物を詰めても、どこに手を置いたらいいか、どう歩けばいいか、といったことなどがよくわからなくて注意されていたのですが、今回はそれが自然にできたこともあり、その経験が体にまだ染み付いているのかなと思いました」と『14才の母』での経験を経た手ごたえを語っている。

 志田が「コウノドリ」で演じるのは、産婦人科医・サクラ(綾野剛)の元に診察に訪れる、生まれつき耳の不自由な女性・早見マナ。同じく耳が聞こえない夫・健治(泉澤祐希)と共に支え合いながら生きているが、妊娠がわかった時、本当に育てられるのかと両親に心配され不安を抱えている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >