2017/10/07 21:22

『ペリカン文書』原作者の小説、テレビシリーズ化

ジョン・グリシャム(2013年撮影) J. Countess / WireImage / Getty Images
ジョン・グリシャム(2013年撮影) J. Countess / WireImage / Getty Images

 映画『ペリカン文書』『評決のとき』などの原作者としても知られるジョン・グリシャムの小説「パートナー」のテレビシリーズ化が、フォックスの下で企画されているとDeadlineなどが報じた。

 1997年に出版された小説「パートナー」の主人公は、ミシシッピ州の法律事務所でパートナーとして働く若き弁護士パトリック。ある日彼は法律事務所から9,000万ドルを詐取し、自分の身代わりにある男を埋葬してしまう。なぜ彼は自分の死を演出し、別人になりすまさなければならなかったのかが明かされていく。

 もし同シリーズをパイロット版のみ製作し放映しなかった場合は、フォックスにペナルティーが課せられ多額の金額を払うことになっているため、今のところ放映が確実視されている。テレビシリーズ「SUITS/スーツ」の脚本家ジョン・コーワンが、デイヴィス・エンターテインメントとソニー・ピクチャーズ・TVスタジオの下で製作予定。今のところキャスト陣は決まっていない。

 ちなみに「パートナー」は、2012年に映画『しあわせの隠れ場所』のジョン・リー・ハンコックが映画化する予定だったが、企画倒れに終わっていた。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
ジョン・グリシャム原作『ペリカン文書』フォトギャラリー
「ハンニバル」ついに復活へ!正式な話し合いスタート
「L.A.コンフィデンシャル」がテレビシリーズ化!
新ジャック・ライアン、ハリソン・フォード実写版に近いキャラに!
ダグ・リーマン『ジャンパー』テレビシリーズ化、ジェイミー・ベルが企画
「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者の短編小説、テレビシリーズ化

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >