2017/10/03 16:24

銃撃事件受け『ブレードランナー 2049』のレッドカーペット中止に

10月2日、米映画会社ワーナー・ブラザースは、ラスベガスでの米国史上最悪の銃撃事件発生を受け、ハリウッドで3日に予定されていた新作映画『ブレードランナー 2049』のレッドカーペット・イベントを中止すると発表した。写真は先月20日パリで撮影 (2017年 ロイター/Charles Platiau)
10月2日、米映画会社ワーナー・ブラザースは、ラスベガスでの米国史上最悪の銃撃事件発生を受け、ハリウッドで3日に予定されていた新作映画『ブレードランナー 2049』のレッドカーペット・イベントを中止すると発表した。写真は先月20日パリで撮影 (2017年 ロイター/Charles Platiau)

[ロサンゼルス 2日 ロイター] - 米映画会社ワーナー・ブラザースは2日、ラスベガスで起きた米国史上最悪の銃撃事件を受け、ハリウッドで3日に予定されていた新作映画『ブレードランナー 2049』(日本公開10月27日)のプレミア上映会でのレッドカーペット・イベントを中止すると発表した。

 上映会は行われるが、キャストのライアン・ゴズリング、ハリソン・フォードらがレッドカーペットに登場し、記者らと話をしたり写真撮影に応じたりするイベントは行われない。

 2日に予定されていた映画『Marshall(原題)』のレッドカーペット・イベントも中止された。

 また、 エンタメ情報のバラエティ・ドット・コムによると、ラスベガスでのシルク・ドゥ・ソレイユやブルーマングループの公演も2日は中止された。

【関連情報】
【動画】『ブレードランナー 2049』新予告!新たな登場人物にも迫る!
「ハリポタ」パーク従業員が銃乱射事件で死去
『スター・ウォーズ』で銃撃したくせに偽善者!ヒロインのSNS炎上
テロに屈しない「花の都」 事件以降もパリで映画撮影多数
カート・コバーン映画の邦題、アメリカで物議を醸し異例の変更
公開から15年…マイケル・ムーアが明かすR指定ドキュメンタリーの裏側

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >