----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/10/09 09:15

『プレシャス』オスカー脚本家、人種差別デモ映画で脚本

ジェフリー・フレッチャー CJ Rivera / FilmMagic / Getty Images
ジェフリー・フレッチャー CJ Rivera / FilmMagic / Getty Images

 『プレシャス』でアカデミー賞脚色賞に輝いたジェフリー・フレッチャーが、1968年にメンフィスで起きた人種差別撤廃デモを描く映画『アイ・アム・ア・マン(原題) / I Am a Man』の脚本を手掛けるとDeadlineが報じた。

 同デモは、当時テネシー州メンフィスで黒人の清掃員が白人と賃金が平等でないことに対して起こしたもので、応援演説に駆け付けたキング牧師は遊説活動中に凶弾に倒れた。歴史家マイケル・K・ハニーの著書「ゴーイング・ダウン・ジェリコ・ロード(原題) / Going Down Jericho Road」を基に映画化される。

 フレッチャーは「素晴らしい物語とは、よく知られた歴史的エピソードとそれを取り囲む知られざるエピソードが、混ぜられて語られたものだと考えている。これは、そんな物語の一つだ。極めて意義深いプロジェクトに関われるなんて光栄だ」とコメント。

 フレッチャーはほかに、ダグ・ライマン監督の『アッティカ(原題) / Attica』や、エドワード・ズウィック監督&ローラ・ダーン主演の『トライアル・バイ・ファイア(原題) / Trial by Fire』などでも脚本を手掛けている。(鯨岡孝子)

【関連情報】
【写真】映画『プレシャス』
人種暴動の一夜、おぞましい警官たちの尋問…キャスリン・ビグロー『デトロイト』公開決定
日系アメリカ人役を辞退した白人俳優に称賛
ハリウッド白人化「アジア系俳優は表情が乏しい」発言に反発運動!
白人化だけではない 障害のある俳優のチャンスを増やすべきと米慈善基金が訴える
ハリウッドに蔓延る性・人種差別…マイク・ミルズ監督が感じる危機

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >