2017/10/06 20:22

『パシフィック・リム』続編、森マコが新世代のパイロットたちを率いる!

映画『パシフィック・リム』より森マコ(菊地凛子)とスタッカー・ペントコスト司令官(イドリス・エルバ) Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ
映画『パシフィック・リム』より森マコ(菊地凛子)とスタッカー・ペントコスト司令官(イドリス・エルバ) Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『パシフィック・リム:アップライジング(原題) / Pacific Rim: Uprising』のあらすじが発表され、前作『パシフィック・リム』でパイロットとなった森マコ(菊地凛子)が、それから10年がたった2035年を舞台にした続編では新世代の若きパイロットたちを率いる存在となっていることが明らかになった。

 『パシフィック・リム』は、深海の裂け目から突如として現れた怪獣を倒すべく、人型巨大兵器イェーガーを操縦するパイロットたちの活躍を描いたSFアクション。続編で主演を務めるのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のジョン・ボイエガ。環太平洋防衛軍のスタッカー・ペントコスト司令官(イドリス・エルバ)の息子ジェイク役だ。

 スタッカーは幼くして孤児になったマコを養子として迎えており、マコとジェイクは姉弟ということになる。ジェイクもかつては将来を嘱望されたパイロットだったが父への反抗からトレーニングを辞め、現在は盗品の売買で生計を立てる日々……。父子がうまくいかなかった理由について、ボイエガは「なぜなら、スタッカーの関心や信頼は彼よりもマコに寄せられていたからだ」とEW.comに説明している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >