2017/10/09 14:03

近代建築巨匠ル・コルビュジエ作ではなかった…歴史に埋もれた女性デザイナーの信念

アイリーン・グレイの信念とは? (C) 2014 EG Film Productions / Saga Film (C) Julian Lennon 2014. All rights reserved.
アイリーン・グレイの信念とは? (C) 2014 EG Film Productions / Saga Film (C) Julian Lennon 2014. All rights reserved.

 モダニズム建築史に残る傑作「E1027」は長らく近代建築の巨匠ル・コルビュジエ作とされてきた。しかし、真の作者は、アイルランド出身の女性デザイナーで建築家のアイリーン・グレイだった。なぜ彼女の偉業は歴史の陰に覆い隠されてしまったのか、そして彼女の創作における信念に迫る映画『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』で、メガホンを取ったメアリー・マクガキアン監督が本作に込めた思いなどを語った。

 2009年、オークションで当時史上最高額の1,950万ドル(約28億円)で落札されたイスをデザインした人物こそ、アイリーンだった。監督はこの伝説のオークションをきっかけに、映画化を心に決めたという。しかし、「アイリーンは自身が残した書簡を死ぬ前に全て破壊してしまいました。何とか、私はそれぞれのピースを継ぎ合わせることができましたが、どの作品がいつ、どこで、誰と創られたのか、そして各シーンのインテリアの性質については想像するしかありませんでした」と歴史の闇に葬られていた彼女を知ることの困難さを明かす。「アイリーンの人生についてはいくつもの説が存在し、論争もありましたし、それらには必ずしも互換性がありませんでした。私は頼もしい専門家たちに出会うことができたので、彼らにとにかく助けられました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >