2017/10/10 23:41

“馬糞”を使って発電!フィンランドの国際馬術大会で

10月4日、フィンランドの電力大手フォータムは、今月半ばにヘルシンキで行われる国際馬術大会で、新たな代替エネルギーの形として「馬糞」による発電で電力を供給すると明らかにした。写真は昨年10月撮影の同大会のようす (2017年 ロイター/Lehtikuva/Markku Ulander)
10月4日、フィンランドの電力大手フォータムは、今月半ばにヘルシンキで行われる国際馬術大会で、新たな代替エネルギーの形として「馬糞」による発電で電力を供給すると明らかにした。写真は昨年10月撮影の同大会のようす (2017年 ロイター/Lehtikuva/Markku Ulander)

 [オスロ 4日 ロイター] - フィンランドの電力大手フォータムは4日、今月半ばにヘルシンキで行われる国際馬術大会で、新たな代替エネルギーの形として「馬糞」による発電で電力を供給すると明らかにした。

 馬術大会で、スコアボードから照明まで、すべての必要電力を馬の排泄物で供給するケースは初となる。

 大会に必要な電力は140メガワット。これをまかなうには、14頭の馬の1年分の排泄物が必要。科学者の推定によると、馬1頭の年間排泄量は9トン前後とされる。

 電力供給システムは、フォータム傘下のホースパワー部門が手掛ける。厩舎の敷物として木材チップを提供、その後馬糞が混ざった状態で回収し、発電所で他のバイオ燃料と同様に燃やすという。

 今回の大会期間中、ヘルシンキ・アイスホールに設けられる臨時厩舎を使用する250頭ほどの馬にこの設備を提供し、生産される見込みの135トンの排泄物入りチップを発電に利用する計画。

【関連情報】
米サウスダコタ州に「世界一長い舌の犬」ギネスが認定
KISSジーン・シモンズにそっくりな子牛、生まれる!日本での報道に本人驚き
ハリポタ「組み分け帽子」にそっくりなクモ、発見される
ついにRT30万超えに…「けものフレンズ」たつき監督降板騒動を整理する
被ばく家畜は殺処分か…国に抵抗する農家のドキュメンタリー
車輪のすき間にコアラはまる 16キロ走行後に救出

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >