2017/10/11 07:15

小室哲哉、妻KEIKO倒れてからの6年「毎日、一喜一憂の人生」

小室哲哉とKEIKO Jun Sato / WireImage / Getty Images
小室哲哉とKEIKO Jun Sato / WireImage / Getty Images

 ミュージシャンの小室哲哉が10日、2011年にくも膜下出血で倒れて療養中の妻・KEIKOが倒れてからの6年をTwitterで振り返った。

 音楽グループglobeのボーカルでもあるKEIKOは、2011年10月に東京都内の自宅で倒れ、くも膜下出血と診断されて手術を受けた。以来、療養生活を送っており、小室が時折、SNSを通じて近況を報告。先日には、KEIKOの歌声を自身のInstagramを通して公開し話題となった。

 この日、「すこし自分、寂しそう。たくさん、笑いたいときもある」と切り出した小室は、「家から歌声が消えて6年かあ」とツイート。「毎日、一喜一憂の人生。みんなも、きっと同じ。夢のかけら、落とさぬ様に」と胸中をつぶやいた。

 ツイートでは自身の写真を複数枚アップしており、同時間帯のInstagramのに更新によると、これは上海で撮影したものだという。Instagramで小室は「僕は、引退しないのかな? 定年はあるのに? 家族って、何を指すのかな? 愛って何なんだろう? 少し疲れたかな?」と異国の地で思いをめぐらせたことを報告。すぐに「なんてね~」と明るく続け「喧騒は時に孤独にさせるのです」ともつづっている。(西村重人)

【関連情報】
小室哲哉Twitter
【画像】KEIKOが夫婦ツーショットを公開したことも
病後初・KEIKO歌声にファン「鳥肌」小室哲哉がInstagramで公開
生放送中に拳銃自殺…衝撃の事件に迫るドキュメンタリー
双子の子役の一人が自殺
視覚の95%を失った青年が5つ星ホテルマンを目指す!大ヒットドイツ映画、笑いと涙の予告編

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >