----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/10/11 11:00

恐怖のピエロ、戦うのは負け犬の子供たち!『IT』原作者キング語る特別映像

まるでホラー+『スタンド・バイ・ミー』? 恐怖のピエロ映画『IT』 (C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
まるでホラー+『スタンド・バイ・ミー』? 恐怖のピエロ映画『IT』 (C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 時にピエロの姿で現れる正体不明の存在に立ち向かう少年少女たちを描いた映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』から、原作者スティーヴン・キングのコメントを収めた特別映像が公開された。

 一見、平和で静かな田舎町で相次ぐ児童失踪事件。子供だけに見えるその存在は、彼らが心に抱える“恐怖”を利用してその命をむさぼるため、排水口、地下室、バスルーム、図書館、町の中などあらゆる場所に出没する。

 原作者のキングは、「『IT』に登場する子供たちは迷信深いがなんでも信じるわけではない」と子供たちの性質を語ると、「サンタさんや歯の妖精は信じないが、電気が消されるとベッドの下に何者かがいるのではないかと怖がる」と証言。そして「あの怪物と戦えるのは子供たちだけだ。怪物の存在を信じるのは唯一子供たちだから」と明かす。

 その存在に立ち向かうのは、自分たちをルーザーズ(負け犬)クラブと称する7人の子供たち。内気で吃音のビル、おしゃべりでお調子者のリッチー、潔癖で神経過敏のエディや疑心暗鬼のスタンリー、太っちょのベンやチョーズン、そして唯一の女子であるベバリーなど、周囲からのけ者にされているが、厚い友情で結ばれた彼らが町を救うため奮闘する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >