2017/10/15 16:26

「Glee」クリエイターの新ドラマ「9-1-1」に新メインキャスト

ライアン・マーフィーと組むのは3度目。 - コニー・ブリットン Greg Doherty / Getty Images
ライアン・マーフィーと組むのは3度目。 - コニー・ブリットン Greg Doherty / Getty Images

 米テレビドラマ「Glee」「アメリカン・ホラー・ストーリー」などのクリエイター・ペア、ライアン・マーフィーとブラッド・ファルチャックが手掛ける新ドラマ「9-1-1」に、コニー・ブリットンがキャスティングされたとDeadlineなどが報じた。

 「9-1-1」は、非常に恐ろしく、ショッキングで、心臓が止まるような高プレッシャーな状況に置かれる警察、救急隊員、消防隊員の日常を追うドラマ。毎日弱者を救いながら、己が抱える問題にも対処しなければならない様子が描かれるという。

 「スピン・シティ」「24 TWENTY FOUR」などで知られるコニーは、すでに発表されているアンジェラ・バセット、ピーター・クラウスと共にメインキャストを務めるという。それぞれの役は明かされていないが、コニーは9-1-1の緊急オペレーターを演じるのではないかと推測されている。

 コニーがマーフィーと組むのは「アメリカン・ホラー・ストーリー」と「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」に次いで3度目。今年2月に、もう一度彼と仕事をしたいかと聞かれたコニーは「いつでもライアンと仕事をしたいわ。彼にとってコレという作品が出てきたら喜んで組むわ」と語っていた。

 「9-1-1」は2018年にアメリカで放送が始まる予定。(澤田理沙)

【関連情報】
コニー・ブリットン出演『エージェント・ウルトラ』フォトギャラリー
「アメリカン・ホラー・ストーリー」新作、過激な銃乱射シーンをカット
「ホワイトカラー」マット・ボマー、ドラマで監督デビュー
看護師ラチェッドはなぜモンスターに?『カッコーの巣の上で』前日譚ドラマ化!
『チャーリーとチョコレート工場』子役の新ドラマ、2話放送後に話数追加決定
民族性・障害者・女性・シニア・LGBTQ・少数派を平等に含めた作品に贈られる賞発表

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >