2017/10/12 14:33

アスベスト国賠訴訟の問題作が市民賞に-山形国際ドキュメンタリー映画祭各賞発表

市民賞を獲得した原一男監督(一番左)と各賞受賞者
市民賞を獲得した原一男監督(一番左)と各賞受賞者

 山形市内で開催している山形国際ドキュメンタリー映画祭2017の各賞が11日に発表され、原一男監督『ニッポン国VS泉南石綿村』が観客賞に当たる市民賞を受賞した。

 同作は大阪・泉南地域の石綿(アスベスト)工場の元労働者とその親族が損害賠償を求め、国を訴えた「泉南・アスベスト国賠訴訟」を8年以上に渡って追った記録だ。大阪・泉南地域で石綿産業が栄えたその歴史を紐解きつつ、原告団に寄り添い、厚生労働省との面会にも同行。役人たちの不誠実な対応をカメラで余すことなく捕らえているのが原監督らしいところだ。

 一方で石綿が要因となって発症した石綿肺や肺がんなどの病は原告たちの体を日に日にむしばみ、8年間で実に21人がこの世を去るという、深刻かつ重大な問題であることも知らしめている。

 山形の上映には弁護士と原告者を含む市民の会の15人が駆けつけて会場を盛り上げ、原監督は「山形に来る前から市民賞は頂きたいと念じてきました。山形まで来てくれた泉南の弁護団・市民の会の人たちに、この賞を贈りたいと思います」と感謝の言葉を述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >