2017/10/12 22:12

『マイティ・ソー』新作~『アベンジャーズ4』まで3本まとめたらハルクの単独映画に!

本作のハルクは一味違う - 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』より (C) Marvel Studios 2017
本作のハルクは一味違う - 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』より (C) Marvel Studios 2017

 現地時間11日、ロサンゼルスでマーベル映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の会見が行われ、ソー役のクリス・ヘムズワース、ハルク/ブルース・バナー役のマーク・ラファロ、死の女神ヘラ役のケイト・ブランシェット、メガホンを取ったタイカ・ワイティティ監督、マーベルスタジオ代表のケヴィン・ファイギらが出席し、“ハルクの単独映画”の可能性について語った。

 『マイティ・ソー』シリーズ第3弾となる本作には、ソーの相棒役としてハルクが登場。ハルクは惑星サカールの最強グラディエーターとして人気を博しており、ハルク/バナーの関係性も発展している。

 ハルクの単独映画の権利はユニバーサル・ピクチャーズが持っているため、実現は難しいが、ラファロは「僕はハルクの単独映画をやりたいし、みんなそう思っていると思う。実は1年以上前、本作での役が決まる前にそのことについて話したんだ」と打ち明ける。ファイギに「もしハルクの単独映画をやるなら、どんなことをやりたい?」と聞かれ、どのような展開でどんな結末になるかを説明したという。「彼は『気に入った。それを次の3作でやろう。『マイティ・ソー』第3弾で始めて、『アベンジャーズ』第3弾&第4弾に続くんだ』と言った。だからそれが僕のハルク単独映画だよ」と笑って明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >