2017/10/13 05:00

「世にも奇妙な物語」“ががばば”の女子高生は久慈アナだった!本人役で新章出演

4月に入社したばかりの久慈暁子アナウンサー (C)フジテレビ
4月に入社したばかりの久慈暁子アナウンサー (C)フジテレビ

 フジテレビの久慈暁子アナウンサーが、14日に放送される「世にも奇妙な物語'17秋の特別編」の一編「ががばば新章」に本人役で出演することが明らかになった。2年前に「世にも奇妙な物語」で制作されたエピソードの続編で、フジ入社前の久慈アナは当時、女子高生役で同作に出演した。

 「ががばば」は、検索をすると恐怖映像が流れるといううわさをめぐる短編で、2015年に「世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~映画監督編~」で放送、さらにスピンオフ映像もインターネット上で公開されている。

 前回の「ががばば」では2人の女子高生が失踪しているが、そのうちの一人、外村沙織を演じていたのがフジ入社前の久慈アナ。「'17秋の特別編」では、その続きを前後編の2本で放送。物語は、2年前に“ががばば”という言葉を検索した後、行方不明になっている外村沙織のことを探るため、沙織の友だちだったエリと多香子、謎の刑事らが、沙織にうり二つの久慈アナを調査するべくフジテレビを訪れる。果たして久慈アナの正体は……というもの。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >