2017/10/14 16:06

フランス人女性監督、主人公の条件は「イケメン」!?

エリーズ・ジラール監督
エリーズ・ジラール監督

 フランスのジム・ジャームッシュとも称されるエリーズ・ジラール監督が来日し、14日に新宿武蔵野館で行われた最新作『静かなふたり』の初日舞台あいさつに出席。キャスティングやロケーションハンティングの苦労など作品の制作秘話を披露した。

 本作はパリの古書店を舞台に、年齢差のある男女が書物を通じて繰り広げる知的でロマンチックなラブストーリー。1人の女性が自分の人生を選択し、成長する姿が描かれている。作品の大事な部分を担う古書店を探すにあたって、エリーズ監督は友人で俳優のパスカル・セルボ(今作にも出演している)の力をかりてロケハンし、最後は「これだ!」と直感して決めたそうだ。

 また「ミステリアスな謎めいた人物に描きたかった」という元古書店店主に監督が選んだのは『昼顔』などのジャン・ソレル。「ジャンはフランス人俳優だけれど、イタリア映画にもたくさん出演していて起用するのにふさわしかった」とエリーズ監督。年齢差のある女性とのラブストーリーでもあるため、歳を重ねていても「イケメン」であることを条件に探していたそうで「彼はハンサムでしょ? 探すのに時間はかかったけれどオファーして快諾されるまでは半日だったのよ」と笑顔で明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >