2017/10/14 18:58

釜山で瑛太×佐藤江梨子W主演作を上映!Q&Aイベントで観客と交流

釜山の観客たちと一緒に席に座る武正晴監督、佐藤江梨子、瑛太 (C)2017 Ringside Partners
釜山の観客たちと一緒に席に座る武正晴監督、佐藤江梨子、瑛太 (C)2017 Ringside Partners

 現地時間10月13日、第22回釜山国際映画祭の「アジア映画の窓」部門で『リングサイド・ストーリー』が上映された。日本以外では初披露となる今回のワールドプレミア上映後、主演の瑛太、佐藤江梨子、監督の武正晴が登壇し、観客からの質問に答えるQ&Aイベントを行った。

 本作はプロレス好きの売れない役者・村上ヒデオと10年の付き合いとなる江ノ島カナコがプロレス団体で働き始めたことで、ヒデオの嫉妬交じりの様々なイタズラに翻弄されながらも、家族や仕事、恋人としての絆に気づくラブコメディー。

 まずは佐藤が流暢な韓国語で「観ていただきありがとうございます。楽しかったですか?」と会場に声をかけると大歓声が! 続く瑛太は「ごめんなさい、僕、二言しか覚えてない……」とつぶやくが「ケンチャナヨ(大丈夫!)」と会場からのやさしい応援に後押しされ「カムサムハムニダ(ありがとう)、エイタイムニダ(瑛太です)」と挨拶。恐縮しきりの様子に女性の観客たちから大きな声援が上がった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >