2017/10/14 17:33

『メアリと魔女の花』釜山で上映!杉咲花のかわいさに歓声

照れ笑いがかわいかった杉咲花
照れ笑いがかわいかった杉咲花

 現地時間10月13日、スタジオポノック第一回長編作品『メアリと魔女の花』が、第22回釜山国際映画祭の「ワイド・アングル」部門のアニメーション・ショーケースの招待作品として上映された。前日の雨が嘘のように晴れ渡った釜山のヘウンデビーチに設置された野外ステージの BIFF Village にて、監督の米林宏昌とメアリの声を担当した女優の杉咲花、スタジオポノックの西村義明プロデューサーが登壇した。

 『メアリと魔女の花』は、イギリス人作家メアリー・スチュアートの児童文学「The Little Broomstick(原題)」を原作に、『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の米林監督がスタジオジブリ退社後に初めて手がけた作品で、魔女の国から盗み出された禁断の花を見つけた少女の冒険を描く。

 米林監督は「スタジオジブリという会社で作っていた前作の2作品が、韓国でとても楽しんでもらっていたと聞いていたので、今回初めて皆さんとお会いできてとてもうれしく思っています」と挨拶した。続いて杉咲花が、昨日から準備していたという挨拶を韓国語で披露。「一生懸命覚えました」とはにかみながら挨拶の言葉についてのエピソードを語った。プロデューサーの西村は「今日が韓国で初めての上映となり、みなさんに観てもらえてうれしいです」と挨拶した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >