2017/10/16 06:15

『スター・ウォーズ』カイロ・レンはもう一人の主人公?“赤”が示すものとは

本作のキーマンは彼? 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のカイロ・レン (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
本作のキーマンは彼? 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のカイロ・レン (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 映画『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード8にあたるシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の脚本・監督を務めたライアン・ジョンソンが、本作を象徴する赤いイメージと、J・J・エイブラムスが監督した前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場した悪役カイロ・レン(アダム・ドライヴァー)について語った。

 『スター・ウォーズ』が「子供のころから大好きだった」というジョンソン監督は、シリーズが特別であり続ける理由を「人が青春時代を経て大人になる転換期を描いていることだと思います」だと語る。「私が思春期に差し掛かるころに旧三部作が公開されたからかな。『大人になっていくこと』をテーマにしている映画はたくさんありますが、『スター・ウォーズ』はそれが顕著です。もともと、少年が大人の男になっていく物語ですから。私と同年代の人たちがファンになった理由もそこにある気がします」。

 そう語るジョンソン監督は、本作において「特に興味を引かれたのはカイロ・レンという人物です」とカイロの存在に言及する。『フォースの覚醒』においてカイロは、ダース・ベイダーを崇拝しながらも、自身の良心である光の誘惑に葛藤し、計画が失敗すれば癇癪を起こすなど、ベイダーのように完成されていない、未熟な悪として描かれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >