2017/10/21 04:25

「オーファン・ブラック」ミセスS女優、「アウトランダー」で重要な役

マリア・ドイル・ケネディ Mike Pont / WireImage / Getty Images
マリア・ドイル・ケネディ Mike Pont / WireImage / Getty Images

 海外ドラマ「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」で5シーズンにわたりミセスSを演じてきたマリア・ドイル・ケネディが、「アウトランダー」の第4シーズンで重要な役にキャスティングされた。

 TVLineなどによると、マリアが演じるのはジェイミー(サム・ヒューアン)の意志の強い叔母ジョカスタ。ダイアナ・ガバルドンの小説「妖精の丘にふたたび」では、ジェイミーとクレア(カトリーナ・バルフ)が早い時点でジョカスタの大農場にたどり着くことになっている。

 ほかには、「ダウントン・アビー」で下僕ジミー・ケントを演じたエド・スペリーアスも出演が決定。今後の展開で欠くことのできない、アイルランド人の海賊で密輸人スティーヴン・ボネットを演じるそうだ。

 「アウトランダー」の第3シーズンは12月に米放送が終了するとのこと。今週中に第4シーズンの撮影がスコットランドで始まるという。(澤田理沙)

【関連情報】
【写真】「アウトランダー」
『ダイ・ハード』マクレーンの妻女優、キーファー・サザーランドの大統領ドラマに出演
マーベル新ドラマに「ターミネーター:SCC」T-888型俳優
スティーヴン・キング息子のホラーファンタジーがドラマ化!新キャスト明らかに
「グレイズ・アナトミー」スピンオフ、消防署長に「ミディアム」ミゲル・サンドヴァル
『ヘアスプレー』のイライジャ・ケリー、「STAR 夢の代償」出演

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >