2017/10/20 15:04

コリン・ファース、自分を恥じる…セクハラ被害を打ち明けられるも行動せず

自分を恥じたコリン・ファース Pascal Le Segretain / Getty Images
自分を恥じたコリン・ファース Pascal Le Segretain / Getty Images

 映画『キングスマン』などのコリン・ファースが、20年以上前に共演者からハーヴェイ・ワインスタインによるセクハラ被害を打ち明けられたのにもかかわらず、何も行動しなかった自分を恥じていると The Guardian に語った。

 先日、同紙にワインスタインからのセクハラ被害を打ち明けたのは、女優のソフィー・ディックス。ソフィーにとってもコリンにとっても初期の映画出演作となった『ザ・アワー・オブ・ザ・ピッグ(原題) / The Hour of the Pig』(1993)を手掛けたのがプロデューサーのワインスタインだった。

 ソフィーによると、ワインスタインは当時22歳だった彼女を「撮影した映像を観てほしい」とホテルの部屋に呼び、招き入るや彼女をベッドに押し付け服をはぎ取ったとのこと。彼女は必死でバスルームに逃げ込み、時間をおいてからドアを開けるとワインスタインが自慰行為をしていたためまたすぐにドアを閉め、ルームサービスが来たタイミングで逃げ出したという。この恐ろしい出来事がトラウマになり、ソフィーは「これが女優をするということなら、やりたくない」と映画女優としての道を諦めることになった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >