2017/10/22 09:13

ハリソン・フォード、『ブレードランナー』復帰の陰にハン・ソロの存在

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督とハリソン・フォード
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督とハリソン・フォード

 SF映画の金字塔『ブレードランナー』(1982)の続編『ブレードランナー 2049』で、再びリック・デッカードを演じたハリソン・フォード。およそ35年ぶりとなった復帰の陰には、もうひとつの当たり役の助けがあったという。

 デッカードは、過酷な宇宙開拓から逃亡して人間社会に紛れ込んだアンドロイド、レプリカントを追う専門捜査官“ブレードランナー”の一員だった男。ある出会いをきっかけに姿をくらまし、30年後の2049年に、ロサンゼルス市警のブレードランナー“K”(ライアン・ゴズリング)がその行方を追う。

 公開当時から、ファンの間では「デッカードがレプリカントであるべきか、人間であるべきか」という論争が交わされてきたこともあり、続編にハリソンの存在は不可欠だったはずだ。そんな彼に復帰をうながした理由の一つが、空前のヒットとなった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)だった。「つい最近、この30年間縁のなかったハン・ソロを久しぶりに演じたものでね。つまり、昔の役を演じることに慣れていたわけだ。だから、今回のデッカード役も大変ではなかった」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >