2017/10/24 23:33

赤ちゃんカメ5,000匹、アマゾンの自然へ放される

10月17日、ペルーのパカヤ・サミリア国立保護区で、人工的にふ化された赤ちゃんカメ5,000匹がアマゾンの自然に放された。写真はロイタービデオの映像から (2017年 ロイター)
10月17日、ペルーのパカヤ・サミリア国立保護区で、人工的にふ化された赤ちゃんカメ5,000匹がアマゾンの自然に放された。写真はロイタービデオの映像から (2017年 ロイター)

[リマ 18日 ロイター] - ペルーのパカヤ・サミリア国立保護区で17日、人工的にふ化された赤ちゃんカメ5,000匹がアマゾンの自然に放された。

 行き過ぎた捕獲で減少する卵を守るプロジェクトで、今年人口ふ化された70万匹の一部。

 同保護区に放されたのは黄色い斑紋を持つ「モンキヨコクビガメ」で、地元ではタリカヤと呼ばれる。これらのカメの卵はアマゾンの地元住民によって蛋白源として捕獲されてしまうため、環境保護団体のメンバーが定期的にアマゾン川流域の砂地で卵を拾い集め、人工的にふ化させる。

 「モンキヨコクビガメ」は絶滅危惧種ではないが、ペルー政府によって「危急種」に指定されており、当局では、こうした活動で少しでも数が増加するよう期待している。

 2016年までの4年間で、人工ふ化された約210万匹が放されている。

【関連情報】
佐々木希、メロメロ!かわいすぎる愛犬に“親バカ”な一面も
『猿の惑星』リアルな猿を生んだ名演とコダワリ!凄腕クリエイターが明かす舞台裏
実写版『ダンボ』2019年3月米公開!キャスト&役柄明らかに
車輪のすき間にコアラはまる 16キロ走行後に救出
英財務省「ネズミ捕獲長」のネコ、就任1年目の成果は22匹
吉岡里帆、飼い猫そっくり?共通点がかわいすぎる

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >