2017/10/24 16:36

伝説のサーファー、レイアード・ハミルトンの半生を描いたドキュメンタリー

世界的サーファーのレイアード・ハミルトンとロバート・ケネディの末娘ロリー・ケネディ監督
世界的サーファーのレイアード・ハミルトンとロバート・ケネディの末娘ロリー・ケネディ監督

 世界的サーファーのレイアード・ハミルトンが、自身を題材にしたドキュメンタリー映画『テイク・エブリ・ウェーブ:ザ・ライフ・オブ・レイアード・ハミルトン(原題) / Take Every Wave: The Life of Laird Hamilton』について、10月5日(現地時間)ニューヨークのAOL開催のイベントでロリー・ケネディ監督と共に語った。

 本作は、トウインサーフィン(ジェットスキーに牽引してもらいビッグウェーブに乗るスタイル)の先駆者的存在である伝説のサーファー、レイアード・ハミルトンの半生を描いたドキュメンタリー。問題児だった子供の頃から、危険を顧みず世界的に評価されるサーファーになっていく過程を追った。

 制作経緯についてケネディ監督は「わたしは長年、ニューヨークのブルックリンに住んでいたのだけど、8年前にカリフォルニアに移ったの。今作のプロデューサーで、お互いの共通の友人でもあるポール・スピーカーにレイアードを紹介されて、彼のアイデアでレイアードとわたしが今作を手掛けることになったのよ」と語る。型にはまったサーフィン映画を避け、レイアードの性格を前面に押し出した作品にしたそうだ。一方、レイアードは「知性のある女性の観点で描く方が、より観客になじみやすい映画になる可能性があると思ったんだ」と参加理由を明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >