2017/10/26 05:25

この映画は実現しないだろう…人種差別スリラーを大ヒットに導いた監督の本音

何かがおかしい…じわじわ感じる違和感が特徴『ゲット・アウト』 (C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved
何かがおかしい…じわじわ感じる違和感が特徴『ゲット・アウト』 (C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

 低予算ながらも全米初登場1位の大ヒットを記録した人種差別がテーマのスリラー映画『ゲット・アウト』で映画長編監督デビューを果たしたジョーダン・ピールがインタビューに応じ、「この映画は実現しないだろう……」と思っていたなど、本作の成功を独自の視点で振り返った。

 アメリカではコメディアンとして知られているジョーダンが、監督・脚本を務めた本作。ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の青年クリスが、ある週末に白人の恋人ローズの実家へと招かれ、そこで想像を絶する恐怖を体験するさまを描き出す。

 人種差別というなんともタイムリーな題材を扱っているが、本作のアイデアはかなり前からあったのだという。「2008年にこの映画を思いつき、そこから自分でプロットなどを練り始めたんですが、最初は扱っているテーマがテーマなので、完成するわけがないと思っていました。ただ書いていて楽しいので、あらすじや脚本をコツコツと書いては直すのを続けていました。今まで観たことのないような、自分が観たいと思えるような映画を作りたいと、純粋な気持ちで書いていました。プレッシャーもなく仕上げられたのは、この映画は実現しないだろうと思っていたからだと思います」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >