2017/10/26 15:36

ブログでセクハラ告発 20人解雇&CEO辞任スキャンダルが映画化

Uber(ウーバー) Carl Court / Getty Images
Uber(ウーバー) Carl Court / Getty Images

 米配車アプリ大手のUber(ウーバー)に勤めていた女性エンジニア、スーザン・ファウラーさんが上司からセクハラを受け、容認したマネージメントと人事を自身のブログで告発したスキャンダルが映画化されるとDeadlineなどが報じた。

 スーザンさんのブログでの告発後、同社で働く複数の女性が同様のセクハラを受けていたことが明らかになり、20人の従業員が解雇され、CEOトラビス・カラニックも辞任に追い込まれた。現在、映画界ではプロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン、映画監督ジェームズ・トバックのセクハラ疑惑が大きなニュースとなっているが、シリコンバレーを震撼させたスキャンダルは、どのように描かれるのだろうか?

 製作・配給会社ライオンズゲートの傘下で、映画『ネイバーズ』『ドント・ブリーズ』などを手掛けたグッド・ユニバースが企画。ディズニーの元重役クリスティン・バーが製作を務め、今年のアカデミー賞作品賞にノミネートされた映画『ドリーム』の脚本家アリソン・シュローダーが、スーザンさんが執筆した自叙伝を脚色する。同書は先週より出版社の間で出版権が争われている状態だ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【動画】盲目の老人が若者たちを狩る!『ドント・ブリーズ』
タランティーノ、ワインスタインのセクハラ黙認に後悔
コリン・ファース、自分を恥じる…セクハラ被害を打ち明けられるも行動せず
『スタンド・バイ・ミー』元子役、大麻所持で逮捕報道…本人は否定
親友ジョージ・クルーニーもかつてみたことがなかったマット・デイモンの狂人役!
冤罪で21年間の地獄…話題の実話映画化

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >