2017/10/26 21:18

『スタンド・バイ・ミー』元子役、性的虐待の過去を映画化発表

コリー・フェルドマン
コリー・フェルドマン

 映画『グレムリン』『グーニーズ』『スタンド・バイ・ミー』などで子役として人気を博したコリー・フェルドマン(46)がおよそ7分に及ぶ自撮りの動画をYouTubeで公開し、映画業界で性的虐待を受けた自らの過去を映画化するプロジェクトを発表し、そのためのクラウドファンディングを呼びかけた。

 コリーは2013年の自伝本「Coreyography: A Memoir」で、子役時代に映画業界の男性たちから性的虐待を受けたことを詳細につづっている。発売前には同書の中で加害者の実名を明かすと宣言していたものの、それは実現しておらず。今月に入って、大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ騒動が明るみに出たことを受けて、人々から実名を公表するようにSNSで迫られており、コリー自らも真実を明らかにする計画をしているとしていた。

 そして25日、コリーは投稿した動画で「子供のころから私が気づいていたエンタメ業界における小児愛者の集団を打ち負かすことができると信じています」「6人の実名をあげることができます。そのうちの一人は今でも業界でかなりの影響力を誇っています。そしてその話はスタジオにまで通じているのです」と主張する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >