2017/10/29 11:02

二宮和也の演技力とは?『おくりびと』滝田洋二郎監督が明かす

俳優・二宮和也の魅力を明かした滝田洋二郎監督
俳優・二宮和也の魅力を明かした滝田洋二郎監督

 アカデミー賞外国語映画賞受賞作『おくりびと』の名匠・滝田洋二郎監督が、『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』(11月3日公開)で嵐・二宮和也と初タッグを組み、現場で実感した二宮のスター性と演技力を讃えた。人気番組「料理の鉄人」を手掛けた田中経一の小説を映画化したミステリーで、二宮は戦下に消えた伝説のレシピを追う天才料理人・充を演じた。

 演じるキャラクターについては「自分が決めるのではなく、他人が決めてくれるものだと思っている」というスタンスの二宮だが、滝田監督は「とはいえ、相当いろいろと考えているのは確か。初日、何もしゃべらずカメラの前に佇んだ瞬間、既に“少し拗ねていながらもクールな充”そのものでしたから」と回想。続けて、「充のように最初は嫌な面が目に付くキャラクターが、僕は好きです。最後に別の面が出てくるのが面白い。人間は多面的な生き物ですから」と充というキャラクターの魅力を語る。

 同じ施設で育った柳沢(綾野剛)と共に、充はレストランをオープンするが、天才ゆえの傲慢さと妥協のなさから経営に失敗。多額の借金を抱え、料理への情熱も失いかけている。そんな充に、高額の報奨金と引き換えに戦時下の満州で混乱の中に消えた、天皇の料理番が考案したフルコースのレシピを再現する、という仕事が舞い込む。いわば充は、劇的な満州パートをひも解く“案内人”と言える役回りだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >