2017/10/29 08:25

山崎賢人、よく壁にはぶち当たる 悩みながらも前を向く今

2017年も大活躍だった山崎賢人
2017年も大活躍だった山崎賢人

 俳優・山崎賢人は今年公開された映画『一週間フレンズ。』で心優しい青年、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』では特殊能力を持つ男くさい主人公、そして『斉木楠雄のΨ難』(11月3日公開)では独特なセンスの福田雄一監督ワールドに身を染め、最新作『氷菓』では「やらなくてもいいことなら、やらない」という徹底的な省エネ主義の高校生を演じた。非常に幅広いキャラクターを披露した2017年だが、本人はどう感じているのだろうか。

 これまで数々の人気漫画の実写化作品で主人公を演じてきた山崎。その都度、キャラクターにあったアプローチ方法を模索してきたというが、本作でふんした折木奉太郎については、「奉太郎は、省エネ主義で合理的な人間。僕自身はくだらないことを結構やってしまうタイプなので、自分の無駄な部分を削ぎ落していくイメージでした」と語る。

 以前から原作モノを演じる際に「プレッシャーは当然あります」と語っていたが「やっぱり悩みますよね」と苦笑いを浮かべる山崎。それは、役へのアプローチ方法が増えてきたからという面もあるのだろう。「最初のころはリアリティーを出すことが一番だと思っていたのですが、いろいろな作品を経験して、いまは魅せるということも大事なのかなと思うこともあります」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >