2017/11/04 20:18

初の女性ドクター!「ドクター・フー」新レギュラー3人

ブラッドリー・ウォルシュ Karwai Tang / WireImage / Getty Images
ブラッドリー・ウォルシュ Karwai Tang / WireImage / Getty Images

 初の女性ドクターになることが発表された英人気テレビシリーズ「ドクター・フー」新シーズンのレギュラー3人が決まったと The Wrap などが報じた。

 13代目ドクターとなるジョディ・ウィッテカーと共演するのは、「LAW & ORDER:UK」でロニー・ブルックスを演じたブラッドリー・ウォルシュ、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でバスティアン中尉を演じたトーシン・コール、英ソープドラマ「ホーリーオークス(原題) / Hollyoaks」に2012年から2015年まで出演していたマンディップ・ギルとのこと。

 「新しいドクターには新しい友人が必要です。マンディップ、トーシン、ブラッドリーが『ドクター・フー』ファミリーに加わってくれたことをうれしく思います。彼らはイギリスで最も才能のある俳優陣で、ジョディが演じるドクターと共に新たな冒険に出る様子を見るのが待ちきれません」と脚本家でエグゼクティブプロデューサーのクリス・チブナルはコメントしている。ほかには英女優シャロン・D・クラークも複数エピソードに登場することが決まっているそうだ。

 ジョディは今年の終わりにイギリスで放送されるクリスマス・スペシャルで初登場するとのこと。このスペシャルは12代目ドクターのピーター・キャパルディの最後の作品にもなる。第11シーズンは来年秋から英放送が始まる予定で、10エピソードが予定されている。(澤田理沙)

【関連情報】
【写真】初の女性!「ドクター・フー」13代目ドクター
英俳優、コカイン所持で米入国拒否 プレミアイベント出席できず
ヒュー・グラント&ベン・ウィショー、元恋人同士に!新BBCシリーズ初ビジュアル
ダグ・リーマン『ジャンパー』テレビシリーズ化、ジェイミー・ベルが企画
視聴率を獲得できず…「ドクター・フー」ティーン向けスピンオフ、1シーズンで終了
若い女性の惨殺事件からムスリムへの差別を描く「ナイト・オブ・キリング」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >