2017/10/31 07:12

なぜピエロは怖いのか?『IT/イット』監督が語る子供時代との関係

 ペニーワイズは子供の恐怖を糧とするため、少年少女たちが怖いと思うものへと自在に変化する。イタリアの画家モディリアーニの油絵が具現化したような“油絵の女”など、その種類はバラエティーに富んでおり、一瞬たりとも観客を飽きさせない。

 「油絵の女性が恐怖の象徴として登場するのは自分のトラウマを反映させています。自分も小さいころモディリアーニの絵が怖かったんです」と笑う監督は、現在44歳。原作を読んだのは14歳のころで、小説では1950年代だった主人公たちの子供時代を1980年代に変更した理由についても、「この映画では子供時代の終焉を描きたかった。そこで、私自身が劇中の子供たちに共感できるように、自分とリンクする時代設定にしました」と明かす。その言葉の通り、本作はホラーとしてだけではなく、欠点を抱え、家庭でもDVや過干渉などに悩む少年少女たちの自立を描いたジュブナイル映画にもなっており、同じくキング原作の名作として知られる『スタンド・バイ・ミー』を観たような後味を覚える。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >