2017/11/02 17:28

米俳優D・ホフマン、30年以上前のセクハラ行為を謝罪

11月1日、米俳優ダスティン・ホフマンさん(80)は、当時17歳で製作現場のアシスタントだった女性に、1985年にセクハラ被害を受けたと告発され、謝罪した。写真は5月撮影 (2017年 ロイター/Stephane Mahe)
11月1日、米俳優ダスティン・ホフマンさん(80)は、当時17歳で製作現場のアシスタントだった女性に、1985年にセクハラ被害を受けたと告発され、謝罪した。写真は5月撮影 (2017年 ロイター/Stephane Mahe)

[ロサンゼルス 1日 ロイター] - 米俳優ダスティン・ホフマンさん(80)は1日、当時17歳で製作現場のアシスタントだった女性に、1985年にセクハラ被害を受けたと告発され、謝罪した。

 このアンナ・グラハム・ハンターさんの話を報じた米誌ハリウッド・リポーターに声明を寄せ、「私は女性を最大限尊重している。私の行いが彼女を不快にしたのであれば申し訳ない」と謝罪した上で、ハンターさんが訴えた自身の行為は「私という人間を反映したものではない」と述べた。

 ハンターさんは1985年の日記などを基に、テレビドラマ「セールスマンの死」の製作現場でアシスタントを務めていた17歳の頃、ホフマンさんが彼女に対してひわいなジョークを飛ばしたり、性的な話をしたと訴えた。

 ロイターはハンターさんの訴えを確認できていない。また、ホフマンさんの代理人はこれ以上のコメントは控えている。

【関連情報】
【写真】ダスティン・ホフマンが樹木希林にキス
『スタンド・バイ・ミー』元子役、性的虐待の過去を映画化発表
オスカー俳優ケヴィン・スペイシー、少年へのセクハラ謝罪&カミングアウトに非難殺到
ハリウッドのセクハラ問題をドキュメンタリー映画化へ
タランティーノ、ワインスタインのセクハラ黙認に後悔
『テッド』監督、少年へのセクハラ疑惑のケヴィン・スペイシーもジョークにしていたと話題

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >