2017/11/07 08:15

大ヒット作連発!マーベル・スタジオ社長の仕事術

44歳のマーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギ (C) Marvel Studios 2017
44歳のマーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギ (C) Marvel Studios 2017

 大ヒット映画を連発しているマーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギをロサンゼルスで直撃し、その仕事術を聞いた。先週末から公開となった新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』では、低予算コメディー『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』のニュージーランド人監督タイカ・ワイティティを大抜てきし、シリーズをコメディー寄りに大胆シフト。それが見事に当たり、北米で推定1億2,000万ドル(約132億円)というシリーズ最大のオープニング興行収入を上げている。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、2008年の『アイアンマン』から始まるマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の第17弾。近年も『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督、『ドクター・ストレンジ』のスコット・デリクソン監督、『スパイダーマン:ホームカミング』のジョン・ワッツ監督など大作経験の有無にかかわらず個性的な面々を起用してきており、ファイギは「ユニークなビジョン、クリエイティブな声を持っている監督を探すようにしている。何か僕たちに感銘を与えるような、賢いものを作った人を。僕たちにとっては、それがテレビドラマや小規模な映画だったとしても関係ない」と断言する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >