2017/11/08 19:05

小林幸子、“ラスボス”の意味は知らなかった!

髪飾りに注目!
髪飾りに注目!

 歌手の小林幸子が8日、都内で行われた映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』完成披露試写会にサプライズ登壇し、10年ぶりとなるアニメ映画声優のオファーを受け、「キターッ!」と歓喜したことを打ち明けた。また、ネット上では“ラスボス”の愛称がすっかり浸透している小林だが、当初はその意味を知らなかったとも語った。

 本作は『コララインとボタンの魔女 3D』などを手掛けたアニメーションスタジオのライカ制作によるストップモーションアニメ。古代の日本を舞台に、魔法の三味線で折り紙を操る片目の少年クボが壮大な冒険を繰り広げる。物語やキャラクターには日本の伝統や昔話からの影響が色濃く反映されている。

 『ルイスと未来泥棒』(2007)以来、10年ぶりとなるアニメーション映画の吹き替えで、クボを見守る心優しいおばあちゃん・カメヨの声を担当した小林。カメヨが登場する一部シーンが上映されたときは、声が役にはまり過ぎていて観客は声優が誰かわからないといった様子だったが、小林が突然現れると客席には驚きの表情が広がり、その中で小林は「小林カメヨでございます」とあいさつ。自前の鶴の絵柄の着物は滅多に着ることがないそうで、「今日はこの鶴もすごく喜んでおります」と笑顔を見せると、頭には本作のチラシを利用した折り鶴の髪飾りをつけていることもアピールした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >