2017/11/09 23:21

ケイト・ハドソン、衝撃のバズカットは敬愛するシーアからの提案だった

少し髪の伸びたケイト・ハドソン Steve Granitz / WireImage / Getty Images
少し髪の伸びたケイト・ハドソン Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 映画『あの頃ペニー・レインと』のケイト・ハドソンが、11月2日(現地時間)、ニューヨークのハンター・カレッジ開催のハドソン・ユニオン・ソサエティのイベントで、自身の著書と女優としてのキャリアについて語った。

 ケイトの著書「プリティ・ファン:クリエイティング・アンド・セレブレイティング・ア・ライフタイム・オブ・トラディション(原題) / Pretty Fun: Creating and Celebrating a Lifetime of Tradition」は、忙しい中でも、リラックスしながら健康的に人生を謳歌(おうか)する方法をつづった内容になっている。

 ケイトといえば、母であるゴールディ・ホーンと、そのパートナーカート・ラッセルのもとで育っているが、その子供時代について「母とカートは、まるで門戸を開けっ放しにするような、とても人を招きやすい家庭環境を作り上げていたの。誰もがわが家に来ることができて、実際にわたしの同級生はわが家によく来たがっていたわ。とてもリラックスできて、いつもたくさんの食べ物があったからよ(笑)」と振り返る。続けて「映画を鑑賞するムービーナイトの日を作っていて、8~20人ぐらいの人々を招待していたわ。この習慣は、(親元を離れてからも)20代の前半くらいまでやっていたのよ」と家族の習慣を大切にしていることを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >