2017/11/09 19:33

謎の生物とハグ…ベネチア金獅子賞受賞作ポスタービジュアル

ギュッと…… (C)2017 Twentieth Century Fox
ギュッと…… (C)2017 Twentieth Century Fox

 今年開催された第74回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で金獅子賞を受賞した映画『シェイプ・オブ・ウォーター』(2018年3月1日公開)のポスタービジュアルが公開された。『パンズ・ラビリンス』『クリムゾン・ピーク』などの鬼才ギレルモ・デル・トロが放つ新作の世界観を伝える、不思議な仕上がりになっている。

 本作は冷戦中のアメリカを舞台に、政府の極秘研究施設で清掃員として働く声を発することのできないイライザ(サリー・ホーキンス)が、研究対象として囚われていた謎の水生生物と恋に落ちていくさまを描いたダークファンタジー。アメリカ映画としてはソフィア・コッポラ監督の『SOMEWHERE』以来、7年ぶりにベネチア国際映画祭の最高賞を獲得した。

 そんな作品のポスタービジュアルは気鋭のアーティスト、ジェームス・ジーンがデザインを担当した。深い海を彷彿とさせる一面ブルーの中で、ヒロインが人ではない不思議な生き物と抱き合っており、言葉を超えた愛を情熱的に、そして悲劇的に映し出している。

 人気作『パシフィック・リム』の続編でメガホンを取ることを断ってまでデル・トロ監督が製作に臨んだ今作。来年3月の日本上陸を心待ちにしたい。(編集部・海江田宗)

【関連情報】
『シェイプ・オブ・ウォーター』公式サイト
【画像】不思議な生き物を演じたのはこの人
ギレルモ・デル・トロ、監督を1年休業
鬼才たちによる傑作ずらり!ベネチア映画祭話題作
『パシフィック・リム』続編、怪獣VSロボットの大バトル予告編!新田真剣佑ら日本人キャストも
『パンズ・ラビリンス』ぶりの傑作?ギレルモ・デル・トロ最新ダークファンタジーが現代に必要なワケ!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >