2017/11/11 19:16

ニューデリーの大気汚染が危機的に 医師会はマラソン中止を要請

11月7日、インドのニューデリーで大気汚染が危機的レベルに達し、学校が休校になったり、医師会が予定されるハーフマラソン大会の中止を要請する事態に陥っている (2017年 ロイター/Saumya Khandelwal)
11月7日、インドのニューデリーで大気汚染が危機的レベルに達し、学校が休校になったり、医師会が予定されるハーフマラソン大会の中止を要請する事態に陥っている (2017年 ロイター/Saumya Khandelwal)

[ニューデリー 7日 ロイター] - インドのニューデリーで7日、大気汚染が危機的レベルに達し、学校が休校になったり、予定されるハーフマラソン大会の中止を医師会が要請する事態に陥っている。

 8日は児童が通う学校は休校の指示が出され、高校でも戸外での活動はすべて中止された。市内は濃い霧に覆われ、住民らは目や喉の痛みを訴えている。

 最悪が500の大気汚染の程度を示す指数は451となった。この指数は100を超えれば不健康とみなされる。

 市内の一部地域はさらにひどく、字を読むことができない状態に近い。地元病院の医師は、このレベルは1日に50本のタバコを吸っているのに等しいと指摘した。

 この状況を受け、医師会は、11月19日に予定されるハーフマラソン大会を中止するよう要請している。

 デリー首都圏の当局者は、さらに悪化すれば、トラックの首都立ち入り禁止や建設工事の中止などの緊急措置がとられると述べている。

【関連情報】
【動画】あれから地球はどうなった?『不都合な真実2:放置された地球』
環境汚染が原因で年900万人が死亡 インドが最多=研究報告
『ショーシャンクの空に』あの木、倒れる
小池百合子都知事、『不都合な真実』アル・ゴア氏に東京五輪CO2削減指針をアピール
アスベスト被害は日本だけではない…権力と戦う映画監督 韓国被害者が感謝
山火事で家を焼失…「ビッグバン★セオリー」レナード俳優

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >