2017/11/17 08:08

日本の美!『KUBO』宮崎駿と黒澤明が根底にあるという表現手法とは?

日本であって日本じゃない。けど日本が好きになる! 『KUBO/クボ』には不思議な魅力がある (C)2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.
日本であって日本じゃない。けど日本が好きになる! 『KUBO/クボ』には不思議な魅力がある (C)2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.

 日本を舞台に一人の少年の冒険を描き、アカデミー賞にもノミネートされたアニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(11月18日公開)。本作で長編監督デビューを果たしたトラヴィス・ナイトが、幼いころから抱き続けている日本への愛情と、手作りアニメへの思いを語った。

 人形などを少しずつ動かして撮影し、連続再生で映像を生み出すストップモーションアニメ。監督は、この技法で『コララインとボタンの魔女 3D』『パラノーマン ブライス・ホローの謎』など、アカデミー賞ノミネート作品を生み出し続けるアニメスタジオ・ライカのCEOを務めている。

 そんな彼が、『KUBO/クボ』を初監督作に選んだ理由。それは日本への深い愛だ。「初めて日本を訪問したのが35年前で、僕は8歳でした。とても美しく、別世界にいるようでしたね。建築、芸術、ファッション、音楽、食べ物、映画、テレビ、漫画……どれも目が覚めるようで、完全に虜になりました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >