2017/11/17 18:00

衝撃作DVシーン公開!豹変する井浦新に戦慄

戦慄のDVシーン (C) 三浦しをん/集英社・ (C) 2017『光』製作委員会
戦慄のDVシーン (C) 三浦しをん/集英社・ (C) 2017『光』製作委員会

 大森立嗣監督が『まほろ駅前狂騒曲』に続いて、直木賞作家・三浦しをんの小説を映画化する『光』(11月25日公開)で、井浦新演じる主人公のDVシーンが公開。美しい妻と幼い娘とともに平穏に暮らしてきた主人公の心の闇が表出するショッキングな映像となっている。

 本作は、東京の離島で起きた大災害で生き残った3人の男女が25年後に再会し、封印してきた過去を巡って愛憎を繰り広げる物語。少年期に恋人のために殺人を犯した主人公・信之に井浦、信之の罪を知る輔に瑛太、元信之の恋人で現在は女優として生きる美花に長谷川京子がふんする。

 公開となった映像は、信之の妻・南海子(橋本マナミ)が「最近、タバコのにおいがするんだけど……」と信之の浮気を疑うシーンからスタート。実は、信之は輔から、信之に接近するために南海子と関係を持ったことを知らされており、過去の罪を餌に脅迫されていた。部屋を去ろうとしていた信之は妻を振り返り「おまえの浮気相手だよ」とつぶやいた瞬間、テーブルを蹴り飛ばし、妻につかみかかって投げ倒す。それでも信之の怒りはおさまらず、電気を破壊する暴挙に。

 手持ちカメラで映したかのような、時折揺れ動く映像が生々しさを強調。このシーンには、ある“オチ”があるのだが、普段は市役所勤務の穏やかな家庭人である信之の豹変ぶりが恐ろしく、相反する二面性を体現した井浦の迫真の演技に圧倒される。(編集部・石井百合子)

【関連情報】
【動画】橋本マナミが…!映画『光』井浦新、戦慄のDVシーン
瑛太、痩せた?「男前すぎ」「震えた」と反響
井浦新、瑛太にボーイズラブ!?
テクノの巨匠ジェフ・ミルズ来日!井浦新&瑛太共演作は「ドラマ以上ホラー未満」
衝撃ッ!成田凌がタトゥーまみれ&赤髪モヒカンに挑戦
東出昌大が怖すぎ…『散歩する侵略者』スピンオフドラマが11月劇場公開

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気のおけない仲間と過ごすと、いい刺激がありそう。未来を開く...もっと見る >