2017/11/20 21:52

ゲイリー・オールドマン、チャーチル役に抜擢されたワケ

ゲイリー・オールドマンとタッグを組んだジョー・ライト監督
ゲイリー・オールドマンとタッグを組んだジョー・ライト監督

 ゲイリー・オールドマンがウィンストン・チャーチル元英国首相を演じ話題の映画『ダーケスト・アワー(原題) / Darkest Hour』について、監督を務めたジョー・ライトが、11月13日(現地時間)、ニューヨークの AMCエンパイア 25 で行われた特別試写の上映後、Q&Aで語った。

 本作は、第2次世界大戦初期の1940年に首相に就任したチャーチルが、ナチスドイツの侵略の恐怖の中、疑心暗鬼であった国王ジョージ6世や味方であるはずの政権内部からの反発を受け、数々の試練と向き合いながらも、大きな決断を下す姿を描いた伝記ドラマ。映画『つぐない』『アンナ・カレーニナ』を手掛けたライト監督がメガホンを取った。

 ゲイリーをチャーチルにキャスティングした意外性についてライト監督は、「キャスティングする時は、演じるキャラクターに似た人物をキャスティングして描くか、それともキャラクターの本質を捉えて描くか、その2通りがあるんだ。ゲイリーのこれまでの仕事ぶりを見てきてわかる通り、彼にはチャーチルのような緊張感やみなぎるエネルギーがある。チャーチルの本質を持ち合わせていたんだ」とカリスマ性に共通点を見いだしたことを明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >