2017/11/22 23:38

『めまい』女優とも交際!伝説のエンターテイナーの素顔に迫ったドキュメンタリー

サミー・デイヴィス・Jrのドキュメンタリーを手掛けたサミュエル・D・ポラード監督
サミー・デイヴィス・Jrのドキュメンタリーを手掛けたサミュエル・D・ポラード監督

 伝説の歌手兼俳優のサミー・デイヴィス・Jrさんを描いたドキュメンタリー映画『サミー・デイヴィス・Jr:アイヴ・ガッタ・ビー・ミー(原題) / Sammy Davis, Jr: I’ve Gotta Be Me』について、サミュエル・D・ポラード監督が、11月16日(現地時間)、ニューヨーク大学で単独インタビューに応じた。

 フランク・シナトラに見いだされ、歌手、俳優、ダンサーなどさまざまなジャンルでその才能を発揮したサミー・デイヴィス・Jr.さん。本作は、交通事故で左目を失明し、黒人公民権運動の最中の南部の州で人種差別を受けるなど困難に直面しながらも、究極のエンターテイナーの道を確立していくサミーさんの姿を描いている。

 ヴォードヴィルショーの巡業をしていた一家に生まれたサミーさん。子供の頃からさまざまなエンターテインメントに慣れ親しめたのは、両親の影響が大きかったと言えるが、それについてポラード監督は、「母親はダンサーで、父親も歌を歌い、ダンスを踊っていたサミーは、叔父に才能を見抜かれ、3歳の時には舞台に立っていたんだ。彼は巡業で歌い方や踊り方を学んでいったけれど、全く学校に通わなかったから、学年に適した教育を受けていなかったんだ。それでも父親、叔父、そして彼らと共にヴォードヴィルショーの舞台に立っていた人たちから多くを学んでいたんだ」と説明する。サミーさんの人生において、この頃の巡業が大きな基盤になったようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >