2017/11/26 12:04

菅田将暉、桐谷健太にはガチでツッコめる

菅田将暉と桐谷健太 写真:高野広美
菅田将暉と桐谷健太 写真:高野広美

 又吉直樹の第153回芥川賞受賞作を板尾創路監督が映画化した『火花』(全国公開中)で、漫才師の後輩と先輩を演じた菅田将暉と桐谷健太。彼らが劇中の会話で見せた関西弁のボケとツッコミは、同じ大阪出身で付き合いの長い二人だからこその、ガチのコミュニケーションだったことをインタビューで明かした。

 菅田と桐谷といえば、auのCMの“鬼ちゃん”と“浦ちゃん”でお馴染みだが、二人が初めて顔を合わせたのはCM共演の前、2013年に桐谷が民放ドラマ初主演を務めた関西テレビ開局55周年記念ドラマ「Y・O・U やまびこ音楽同好会」でのこと。桐谷が京都府にある高校の代理教師役、菅田はその高校の生徒役だった。

 「その時から普通に関西弁でしゃべってたし、将暉は僕がボケるとツッコんでくれた。今回の映画は、ちょっとした会話の細かいところが大事な作品で、アドリブのしゃべりも多かったんだけど、付き合いの長い将暉とだからこそできたんやと思います」と打ち明ける桐谷。すると菅田も「僕が大阪生まれじゃなかったら、『おいー』とか微妙に違う関西弁のツッコミで、違う笑いになっていたかも」と続け、「二人だけの空間の楽しさを桐谷さんと芝居でもつくれて、うれしかったですね」と楽しそうに語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >