2017/11/28 23:40

中国とバチカンが"美術外交" 40点を交換し同時展示へ

11月21日、1951年から断交状態にあるバチカンと中国が、関係改善のため「美術品外交」を展開すると双方の美術担当者が明らかにした。写真は13日撮影のバチカンのようす (2017年 ロイター/Tony Gentile/Files)
11月21日、1951年から断交状態にあるバチカンと中国が、関係改善のため「美術品外交」を展開すると双方の美術担当者が明らかにした。写真は13日撮影のバチカンのようす (2017年 ロイター/Tony Gentile/Files)

[バチカン市 21日 ロイター] - 1951年から断交状態にあるバチカンと中国が、関係改善のため"美術品外交"を展開する。双方の美術担当者が明らかにしたもので、初めての企画となる。

 具体的には、来年3月に、中国の故宮でローマ法王庁(バチカン)から貸し出される美術品40点が展示される一方、同じ時期にバチカン美術館でも中国から貸し出される作品40点が展示されるという。

 中国のカトリック信者は、ローマ法王に忠誠を誓い、バチカンとの断交のため公認されていない「地下教会」と、国が公認する「中国天主教愛国会」に分れている。バチカンは、司教の任命権が中国政府でなく法王にあると主張し、中国との外交摩擦が数十年続いている。

 今回の展示では、絵画、花瓶、彫刻などが交換される。

【関連情報】
【動画】ゴッホの死の真相とは?全編油絵『ゴッホ~最期の手紙~』予告編
レオナルド・ディカプリオ、名前の由来になったダ・ヴィンチ役!伝記映画が始動
NYのファッション最前線で活躍するおばあちゃん
日本の美!『KUBO』宮崎駿と黒澤明が根底にあるという表現手法とは?
『この世界の片隅に』などオスカー候補に名乗り!アカデミー賞長編アニメ部門エントリー作発表
ジャスティン・ビーバー、バチカン美術館でサッカーし大ひんしゅく

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >